1. HOME
  2. 超和牛NEWS
  3. 牛の種類まとめ【日本編】日本で生産されている牛をまとめました

牛の種類まとめ【日本編】日本で生産されている牛をまとめました

『牛の種類っていったいどんなものがあるの~?』
『国内にはどんな牛がいるの~?』

そんな疑問にお答えする記事としてこの記事をまとめようと思います。

まずはざっくりとこちらの分類表をごらんください。
これが日本で生産されている牛の概要です。

基本的にはお肉のために飼育されている肉用牛と牛乳や乳製品のために飼育されている乳用牛に分類できます。
乳用種は実際には食べることができますので、肉用牛の中にもいますね。

 

肉用牛

まずは肉用牛から見ていきましょう。肉用牛とはその名の通り、食肉用として生産されている牛のことを言います。

和牛

肉用牛の中に和牛と呼ばれるものがあります。
和牛の定義は以下の4種の牛、もしくはその交雑種のことを言います。

黒毛和種

もっともポピュラーな和牛で、俗にいう黒毛和牛のことです。
有名なブランド牛はすべて黒毛和種と言ってもいいほどほとんどのシェアを占めています。
霜降りでとろけるような味わいが特徴です。

 

褐毛和種

「あかげわしゅ」と読みます。
一般的に「あか牛」と呼ばれることが多いです。
熊本系と高知系があります。
丈夫な体を持ち、放牧に向いています。
赤身とサシのバランスが優れている品種です。

 

日本短角種

東北・北海道の寒い地域で飼育されている品種です。
放牧に向いていて、飼育の手間がかかりません。
夏は山に放牧し、冬は里で過ごすという夏山冬里方式という方法で育てられています。
赤身が多く、脂肪分が少ない高タンパクな肉質です。

 

無角和種

和牛の中で一番飼育頭数が少なく、その数は200頭ほどと超希少な品種です。
山口県で生産されています。
見た目は黒毛和種に似ていますが、名前の通り角がありません。
産肉能力が高く、肉質は黒毛和種には劣るものの、程よい霜降りが魅力です。

 

交雑種

肉用牛と乳用牛をかけ合わせたものです。
別名F1といいます。
和牛に比べて安価で、スーパーに国産表記で売られている牛肉は、この交雑種か乳用種であることがほとんどです。

 

乳用牛

 

ホルスタイン

牛と聞いて誰もがイメージする白黒の牛です。
牛乳を生産するために育てられていますが、そのお肉も食べることができ、流通しています。
乳量は圧倒的な能力で、全牛種中トップです。
みなさんが普段飲んでいる牛乳もほとんどがこのホルスタインのものでしょう。

 

ジャージー

乳量こそホルスタインに劣るものの、濃厚でコクがある牛乳で人気があります。
かわいいルックスからも人気がある牛です。
牛乳にとどまらず、乳製品のために飼育されている場合も多いです。
こちらも牛肉として食べることができますが、流通はあまりしていません。
肉の見た目は悪いが美味しいとの噂もあります。

日本最高品質和牛の味、気になりませんか?

当店では牛肉日本一に2度も輝き、数々の受賞歴を誇る牧場「川村ファーム」の仙台牛を販売しています。ギフトにもどうぞ。

肉のかわむらの商品を見る

超和牛NEWS

超和牛NEWS一覧

おすすめ商品

営業日カレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

が定休日です。

Twitter でフォロー